小児眼科

お子さまと目について

お子さまの目の病気は外見からはわかりづらいものです。「いつもと少し様子が違うな」と思われたら、すぐに眼科医に診てもらうようにしましょう。

お子さまにこんな症状はありませんか?

テレビを観るとき、テレビ画面に近づくようになった
物を見るときにいつも頭を傾けている
目を細める回数が多くなってきた
明るい場所に出たとき、目を細めたり片目を強くつぶったりすることが以前より増えた
寄り目になっているような気がする
字や絵本を見るときに見えづらそう、集中していない など

お子さまにこのような症状が現れた場合、なんらかの目の障害を抱えている可能性があります。念のために、眼科医に診てもらうことをおすすめします。

3歳になったら、眼科検診を受けましょう

なかなか気づきにくい「目の病気」からお子さまを守るために、定期的に眼科検診を受けることが大切です。個人差はありますが、3歳になれば、ある程度の検査ができるようになります。もし、なんらかの目の異常が見つかったとしても、早期発見であれば、症状によっては訓練などによって治療することが可能です。まずは、3歳を目安に眼科検診を受けて、お子さまの目の状態を知ることから始めましょう。

お子さまによくある目の病気

小さなお子さまによくある病気は以下のとおりです。

斜視

通常、人はものを見ようとするとき、左右どちらの目もその対象物のほうを向きます。しかし、斜視の人は、片方の目は対象物のほうを向いていていても、もう片方は対象物と違うほうを向いてしまう場合があります。

弱視

一般的な視力の悪い人は、メガネやコンタクトレンズなどで矯正すれば、ものを見ることができます。しかし、弱視の人は、メガネやコンタクトレンズをしていても視力が上がりません。

弱視になる原因としてよくあげられるのが、成長段階である「幼少期」に、遠視や斜視や乱視になっていたことです。また、眼帯をするなど、幼少期に目を使わないでいることも弱視になる原因のひとつです。

遠視

近くのものがぼやけて見えにくくなってしまう症状です。しかも、遠くのものもはっきりと見えているわけではなく、うっすらぼやけていることのほうが多いです。お子さまの場合、なかなか症状が現れないことが多く、気づきにくいことがあります。

近視

近くのものはよく見えるが、遠くのものがぼやけて見える症状です。通常、お子さまの視力が下がっている場合は、こちらの症状であることのほうが多いです。

乱視

ものの輪郭がはっきりしなかったり、ダブって見えたりする症状です。角膜が正しい球面状になっていないことなどが原因です。

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

眼科、白内障日帰り手術、目のことでお悩みでしたら、
千葉県木更津市ほたる野にあるほたるの眼科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。