白内障手術

白内障手術

白内障と白内障手術

人の目は、よくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
白内障というのは、その水晶体が徐々に濁ってくる病気です。白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものです。
主な症状に”目がかすむ”、”光がまぶしい”等があります。

白内障手術では、濁った水晶体を除去して、替わりに眼内レンズを入れます。この手術によって、クリアな視界を取り戻すことができます。
当院では、日帰りの白内障手術を行っております。

手術の流れ

手術時間は10~15分程度です(個人差はあります)。

1 

ご来院いただいた後、手術の手続きなどを済ませたら、まず麻酔を行います。当院では「点眼麻酔」と「前房麻酔」を併用しているため、麻酔時の痛みはほとんどありません。

2 

黒目と白目の間に、2~3mm程度の小さな切開創をつくります。

3 

水晶体の前面にある膜を丸く切り取ります。

4 

超音波を使用し、水晶体の実を砕いて吸引します。残った皮質も除去します。

5 

水晶体の袋の中に眼内レンズを入れます。切開部分が閉じていることが確認できたら、手術は終了です。

手術時間は10~15分程度です(個人差はあります)。

当院の白内障手術におけるこだわり

当院では白内障手術において、以下のようなこだわりを持っています。

べリオンの導入

白内障手術では、眼内レンズを正確な位置に固定する必要があります。これまでは医師による目測でその位置を判断していました。当院では、白内障手術の最先端機器「べリオン」を導入し、より正確な白内障手術を行うことが可能となりました。

べリオン・イメージガイドシステムとは

白内障手術では、眼内レンズの位置を正しい位置に決めることが何よりも大切です。
べリオンは、高解像度のデジタル画像を1000枚以上撮影し、患者さんの目の特徴(胸膜血管、輪部、虹彩の位置など)を正確に認識することが可能です。こうして手術前に眼球の特徴をとらえておき、それをもとに手術中に正確な位置や角度を示すことができます。
べリオンには「デジタルマーカー」機能があり、眼科医が見ている顕微鏡に、眼内レンズを入れる場所をデジタルで教えてくれます。中心の位置や乱視の角度まで表示されるので、目視で行っていた手術よりも格段に正確性が増します。
さらに、手術中に患者さんの目が動いたり、顕微鏡の倍率を変えたりした場合には、自動的に計測しなおしてくれる機能も備わっています。

眼内レンズ選定

当院では、多種多様な眼内レンズの中から、患者さまにとって最適なレンズを選ぶよう心がけております。
そして、手術後の度数のずれを最小限におさえることができるよう、眼内レンズの度数計算を正確に行っております。

 

2. 安全な手術へのこだわり

最新の超音波白内障手術装置を使用することで、安全にこだわった手術を行っております。また、手術前に行う「眼内レンズの度数計算」の際にも、最新の測定装置を使い、正確なデータを取るように努めています。

3. 眼内レンズ選定へのこだわり

レンズの選択は手術後の見え方に大きく関わってくることです。そのため当院では、多種多様な眼内レンズの中から、患者さんにとって最適なレンズを選ぶよう心がけております。

そのひとつが、手術後の度数のずれを最小限におさえることができるよう、眼内レンズの度数計算を正確に行うことです。また、「非球面レンズ」や「乱視矯正レンズ」など数あるレンズの中から、使用するレンズを慎重に選んでいます。

安全な手術を心掛けております。

最新の超音波白内障手術装置を使用することで、安全にこだわった手術を行っております。また手術前に行う「眼内レンズの度数計算」の際にも、最新の測定装置を使い、正確なデータを取るように努めております。

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

眼科、白内障日帰り手術、目のことでお悩みでしたら、
千葉県木更津市ほたる野にあるほたるの眼科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。