当院の特徴

当院の特徴

最先端の白内障手術

従来の白内障手術は、医師の目や感覚、手術経験などに頼ったもので、手術のできにバラつきがありました。しかし、白内障手術におけるテクノロジーの進化により、現在ではレベルの高い手術システムが開発されています。

当院でもこれらの最先端技術を取り入れることで、メスを使わず、精密で確実な白内障手術を行うことが可能となりました。手術中も「術中解析装置」を使用するなど、国内でも最先端の手術を行っています。

厚生労働省 先進医療実施施設

当院は厚生労働省が定めた
「先進医療取り扱い施設」に認定されております。


多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は先進医療の対象となります。

1、多焦点眼内レンズの選択が可能

通常の白内障手術で使用される眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」です。
単焦点レンズのピントは遠方もしくは近方のいずれかに限られており、遠方にピントを合わせると近方はピントが合わないため老眼鏡が必要となります。(近方にピントを合わせると遠くを見るための眼鏡が必要となります)
これに対し「多焦点眼内レンズ」では遠方と近方の両方にピントが合うため眼鏡使用の機会を減らすことができます。

多焦点眼内レンズについて

当院では多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っております。
この多焦点眼内レンズは健康保険の対象となっていないため、基本的には手術費用は全額自己負担となります。
ただし、「先進医療特約」のある民間の医療保険に加入されている場合は、手術費用が給付対象となります。(詳しくはご加入の保険会社にご確認ください)

先進医療とは・・・
先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

当院は厚生労働省より「先進医療実施施設」として
認定されている医療機関です。


痛みの少ない最新のレーザー治療

糖尿病や網膜静脈閉塞症などの治療には、レーザーを使った治療を行います。しかし、従来のレーザー装置では1回ずつ照射をする必要があり、多くの時間と痛みをともなうことが問題でした。

当院では、アメリカで開発された「PASCAL(パスカル)」という最新のレーザー機器を導入。これにより、短時間に複数のレーザー照射が可能となっただけでなく、痛みが格段に少なく、治療時間の短縮にもつながりました。血管などに対する障害も少ないため、患者さんにも目にも優しい、安全な治療を行うことができます。

週2回、手術日を設定しています。

当院では、患者さんのライフスタイルや状況になるべく合わせることができるよう、手術の日を週2回実施しています。

 

関連ページ

CONTACT

ご予約・ご相談はお気軽に

眼科、白内障日帰り手術、目のことでお悩みでしたら、
千葉県木更津市ほたる野にあるほたるの眼科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。